2014年カンヌ国際映画祭ラインアップ予想 PARTII

Assasin stills
“The Assassin” (題訳:暗殺者)監督:ホウ・シャオシェン

台湾ニューウェーブの大御所として知られる、シャオシェンはアメリカでは比較的に知られていない、にもかかわらず、彼はカンヌのパルムドールに6回ノミネートされ、「レッド・バルーン」(2007)は批評家に称賛されている。“The Assassin”は唐朝期を舞台にした物語でカンヌへの7回目のノミネートが期待される。

timburton-bigeyes-painting-tsr
“Big Eyes” (題訳:大目玉)監督:ティム・バートン

二年前にカンヌの審査委員長を務めたバートンは巨額な製作費で作られた「アリス・イン・ワンダーランド」(2010)やダーク・シャドウ(2012)で批評家に酷評され、今回は低予算のファンタジーというテーマを避けた作品でカムバックする。これは「エド・ウッド」(1994)以来の事である。本作、”Big Eyes”、には「エド・ウッド」の脚本チーム、スコット•アレクサンダーとラリー・カラゼウスキー、が参加していて、物語は大きな目の子供の絵画を描いて有名になった50年代の画家夫婦、ウォルターとマーガレット・キーンの実話。画家夫婦を演じるのはクリストフ・ワルツとエイミー•アダムス。

bird people
“Bird People” (題訳:鳥人)監督:パスカル・フェラン

最優秀映画でセザールを受賞したDHロレンス原作の映画化「レディ・チャタレー」(2006)以来目立った活動が無かったフェラン監督。あれから十年近くの年月が過ぎ本作では新しい人生をやり直し為にパリにやって来たアメリカ人の男を描く。

eden
“Eden” (題訳:エデン)監督:ミア・ハンセン=ラヴ

わずか33歳で、ミア•ハンセン=ラヴは既に注目に値する監督としてのイメージを確立。彼女の「あの夏の子供たち」は第62回カンヌ国際映画祭ある視点部門特別賞を受賞。本作では90年代に人気があったフレンチ・ハウスのエレクトロニック•ミュージックのDJの人生を描いたドラマで “Frances Ha”の主演スター グレタ・ガーウィグが出演している。

wim-wenders everything will be fine
“Everything Will Be Fine” (題訳:万事うまく収まる)監督:ヴィム•ヴェンダース

オスカー・ノミネートされた3Dドキュメンタリー「Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」(2011)の成功に続き新作はビョルン•オラフ・ヨハンセンの脚本でジェームズ・フランコ演じる、交通事故を起こし小さな子供の命を奪ったことから平穏な人生を失う男が12年間許しを請い続けるという内容のドラマを3Dで描いている。ヴェンダースの今までにない新たな3Dの手法に期待が集まる。

FoxcatcherSetphotoImagerlstsr01a
“Foxcatcher” (題訳:キツネ追い)監督:ベネット・ミラー

チャニング•テイタム、マーク•ラファロ、スティーヴ・カレル、シエナ•ミラーとヴァネッサ•レッドグレーヴが出演する本映画はオリンピックのレスリング・チャンピオン兄弟マークとデイブ•シュルツと殺人事件につながるデュポン化学の財産相続者で、変わり者のジョン•デュポンとの関係を描いた物語だ。脚本を手掛けたのはE.マックス・フライと「カポーティ」(2005)のダン・フッターマン。

imitation-game
“The Imitation Game” (題訳:模倣ゲーム)監督:モルテン・ティルドゥム

「ヘッドハンター」(2011)がノルウェーの映画興行成績ナンバーワンとなり、今回はハーヴェイ・ワインスタインが高額な製作費を提供し、ベネディクト・カンバーバッチが主演する本作で彼は同性愛者という事で起訴される、第二次世界大戦中に暗号研究をしていたイギリスの数学者アラン•チューリングを描いている。キーラ•ナイトレイとマシュー・グードも出演している。

Paul Thomas Anderson and Joaquin Phoenix
“Inherent Vice” (題訳:先天的な悪癖)監督:ポール・トーマス・アンダーソン 

「ザ・マスター」(2012)に続くアンダーソンの新作は最もカンヌのラインアップが期待されている作品。作品のリリースは12月に予定されているので「ザ・マスター」のようにヴェネチアでの上映か「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」(2007)のように映画祭サーキットを避けての公開も考えられる。それでもトマス・ピンチョンの小説の映画化デビューはやはりカンヌでと期待が高まる。本作品は元彼女とそのボーイフレンドの失踪を調査する私立探偵の物語でホアキン•フェニックス、ジョシュ•ブローリン、オーウェン•ウィルソン、キャサリン・ウォーターストン、リース•ウィザースプーン、イエナ・マローン、ジョアンナ•ニューサム、ベニチオ•デル•トロという俳優陣が集まっている。

knights of cup
“Knights of Cup” and “Untitled” (題訳:カップの騎士と無題の作品)監督:テレンス・マリック

オスカーに二度ノミネートされ「ツリー・オブ・ライフ」(2011)でパルムドールを受賞したマリイク監督についての情報は少なく、今年エントリーするかどうかは難しいところだがもしカンヌに戻るとすれば“Knights of Cup”か、オースチンのミュージック・シーンを描いた無題の作品だと考えられる。クリスチャン•ベール、ナタリー•ポートマン、ライアン•ゴズリング、マイケル•ファスベンダー、ルーニー・マーラとケイト•ブランシェットが出演しているという情報が入っている。

chandor-img_a most violent year
“A Most Violent Year” (題訳:最も暴力的な年)監督:J・C・チャンダー

チャンダー監督のウォール・ストリートを描いたドラマ「マージン・コール」(2011)の脚本賞ノミネートに続き、ロバート・レッドフォード主演の「オール・イズ・ロスト ~最後の手紙~」(2013)を公開、そして今回の新作はクライム・ドラマで「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」(2013)のオスカー・アイザックとジェシカ・チャステインが主演を務める、ニューヨークで最も暴力的な年1981年を描いている。

Jon-Stewart-Rosewater
“Rosewater” (題訳:ローズウォーター)監督:ジョン・スチュワート

イラン人ジャーナリスト、マジエール・バハリの手記の映画化。本作品はイランの2009年の大統領選挙の際に100日以上テヘランで拘束されたイラン系カナダ人ジャーナリストの物語だ。

St-Vincent-De-Van-Nuys
“St. Vincent De Van Nuys” (題訳:バンナイズの聖ビンセント)監督:セオドール・メルフィ

自ら執筆した”St. Vincent De Van Nuys”の脚本で今回初の監督を務めている。隣に住む子供の師匠になる人間嫌いで下品で、ナオミ・ワッツ演じるロシア人娼婦と恋愛関係になる快楽主義の帰還兵ビンセントを演じるのはビル・マーレイ。オスカーを狙う為にトロントを選ぶことも考慮できる。

Squirrels+Nuts+
“Squirrel To The Nuts” (題訳:リスは木の実へ)監督:ピーター・ボグダノヴィッチ 

ウェス•アンダーソンとノア・バームバックがプロデユーサーを務める、「おかしなおかしな大追跡」(1972)や「ペーパー・ムーン」(1973)等の作品で知られるボグダノヴィッチの最新コメディー映画に出演するのはジェニファー•アニストン、オーウェン•ウィルソン、ウィル・フォルテとシビル•シェパード。

suite francaise
“Suite Francaise” (題訳:スイート・フランセーズ)監督:ソウル・ディブ

“Suite Francaise”は1940年のフランスが舞台で捕虜となった夫を待つ妻がドイツ人将校と恋に落ちるという設定。ミシェル•ウィリアムズとマティアス・シューネルツが出演する本作品の配給はワインスタイン・カンパニーが手掛けている。

While+Young+
“While We’re Young” (題訳:まだ若いうちに)監督:ノア・ボーンバック 
“Frances Ha”から1年、ボーンバック監督と俳優のベン・スティラーが組んだ新作。スティラー演じる神経質ドキュメンタリー製作者とその妻(ナオミ・ワッツ)が若いカップルと交流を持つことで変化していく様子を描いている。

(資料2014/3/18Indiewire)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s